2012年12月アーカイブ

出張でよく大阪に行っていましたが、私は風俗店で・前立腺マッサージ・エネマグラで責められながらトコロテンしてしまう事が病み付きになり、大阪移住を決めました。

 

トコロテンとはゲイ用語でよく使われる事が多いらしいのですが基本的な意味はこう記されています。

※性行為中に陰茎(ペニス)を直接刺激せずに、肛門から前立腺を刺激することによって射精してしまう状態を指す隠語(ゲイ用語)。肛門に挿入された相手の陰茎や指などで前立腺を押されて射精する様子が、「天突き」(ところてんを押し出す専用の器具)で押されて出た食品のところてんと似ていることから由来する。

 

私はゲイではないですが元々M気質なのか前立腺マッサージに興味があり、段々とエスカレートしエネマグラなどを自身で装着し

ドライオーガズムを楽しんでいる。しかし前立腺を自身で刺激し続け、射精するまでには至らなかった。専門用語ではレベル4と言われる

ドライオーガズムの達人もいるという、自身で前立腺を座っている時にお尻を動かし、自身で前立腺を刺激し昇天し快楽を楽しむ

一日に何度も・・何度も。ペニスの刺激よりもずっと気持ちいいという。

 

やはり自身での前立腺の開拓は難しくM性感の風俗店を利用し日々、アナルバイブ、エネマグラ、前立腺マッサージを施してもらい

快楽に浸る事が病み付きになっている。

 

いつも利用しているM性感の風俗店の痴女からいつもより今日は責めてあげるからお尻を突き上げて!と責め立てられ

私は腰をそりたてながらお尻を突き上げた、そしていつもより激しく弄ばれ、味わったことのない快楽の渦が押し寄せてきた

ドライオーガズムと同時にそり立っていたペニスから精液が飛び出した。これが初めてのトコロテンの体験だった。

 

この感覚が忘れられず、毎日のように通い、責められ続けた。

 

数か月たった頃には僕はこの感覚が味わえなければ生きていけないと思えるくらいになり、大阪移住を決断した。

なんだかんだでほんわかと非日常を楽しんでいる。

 

上野のダイニングといえば、しゃぶしゃぶ食べ放題で有名な竹弥本店。

若い頃には本当にお世話になりました。

惜しまれながらも一度閉店したのですが、「バイキング 竹弥本店」に名を変え、復活したとのこと!

さっそく、昔よく通った友人と一緒に行ってきました。もうあの頃みたいに食べるのは無理ですが(笑)

思い出話に花が咲く良いディナーとなりました。デザートなどメニューも豊富で、焼肉やすき焼きにも出来ますので、若い人には特にオススメです。

 

さて(笑)

ピンサロから始まった私の風俗体験ですが、これは本当にエロいという体験、まさに風俗業界における最高峰と位置づけできるようなお店に出会いました。

 

上野にある痴女系m性感のお店で、大手グループがプロデュースしたお店です。私は個人的に、冒険が大好きな人間なので、無名であったり、小さな規模で営業している風俗店を好む傾向がありますが、このお店のような大型店舗で、まずは、基礎的なm性感を体験されるほうが、絶対に無難ですね。

 

では、超がつく程がエロいお店の説明に入りますが、まず、m性感とはどういうお店かというと、男性が受身になって、女性の全てを委ねて、まさにm的な快感を求める方の為のお店です。m的な要素って、誰でも持っていると思いますが、そのm的快感を追求することで、全く新しい性的興奮の扉が開けると思います。ですので、まずは、デリヘル遊びにはない、奥さんや彼女のエッチにない、何か新たな性体験に興味を持ってもらう所からスタートだと思います。アナル責めや、お尻にエネマグラというおもちゃを突っ込まれたりする事に抵抗がある方が多いと思いますが、そんな事を気にしないで、勇気を持って前に進む気持ちが大切という事ですね(笑)

 

そんな前置きはさておき、プレイ内容ですが、もし初めて体験する方は、何も知らない方が興奮できるという事を念頭において下さいね。

 

ですので、細かなプレイ内容の描写ではなく、ごくごく簡単な説明にしておきます。映画の宣伝で、最後のオチまで教えてくれる映画って、見る気がなくなりますもんね。

 

女性の特徴は「痴女」という事です。表情・コスチューム・態度などの全てが痴女を感じさせる女性で、そんな女性からの言葉責めが凄いんです。

 

次に、寸止めといって、イク寸前で止められるという焦らしを繰り返し行い、亀頭責めによる快感も楽しめます。

 

そして、前立腺というアナルの中にある男性特有の器官を責めるアナル責め。ここがm性感の醍醐味であると思ってください。

 

そして、こういったプレイを、目隠しであったり、手足を拘束することで、非日常の空間で、自分ではコントロールできない状況で、最高の性体験、最上級の快感が体験できます。

 

こんなにエロい事が、m性感のお店では、毎日当たり前のように繰り広げられているんですよ(笑)

初めての風俗でドキドキしてる・・・遊び方も分からず、風俗のルールなんて・・・

大阪痴女性感フェチ倶楽部で働く・・・そんな私ってちょっとおかしいかしら?
ふとした瞬間に美智子がタバコをふかしながら囁いた。

ちょっと気難しい話しは俺は嫌いなので話しをごまかそうとしたけど、美智子は俺の目を見ながら話しをやめようとはしなかった。

つい先日までは出逢うはずのなかった俺達が今では同棲を初め、来年にはお互いの親族に挨拶に行く予定だ。
このまま、俺達はゴールインする予定だった。
のはずが何故美智子はいきなり初めてで風俗を始めようとしているのか?
まず遊び方が分からない彼女の頭の中が理解できない。

彼女と分かりあいたいのはやまやまだが、ルールは守りたい。
こんなにも彼女自身が苦しんでいたのか?

いつもあんなに笑顔が可愛かった美智子が!!!俺の力不足なのだろうか?
ただ自分を責めていてもしょうがない。大阪痴女性感フェチ倶楽部に行ってみよう。
今までも何度か喧嘩をしてきたがすぐに仲直りしてきた俺達だが、このままでは俺達終わってしまうのか・・・こんなはずではなかった。
と俺は自分に問いかけ、もう一度美智子に話しを聞いてみよう。

そう考え、その日はその話しをせずに後日、また会って話しの続きをする事にして俺達はとりあえず食事に出掛けた。

初めての風俗という事も聞かずに食事を済ませ、また二人薄暗い部屋に戻り、美智子は先にシャワーを浴びていました。
シャワーが終わり、美智子はちょっと濡れた髪を乾かしながらベッドに入ってきました。
俺がシャワーを浴びようとすると・・・美智子はいきなりベッドに入り込んできました。

俺をきくつ抱きしめると、美智子は強く、強く俺を離さなかった。
ここまで美智子が強く抱きしめる事なんて何年ぶりだろうか?
俺は改めて美智子の事を真剣に考えようと思った。

俺がこんなにも愛した美智子が初めて大阪痴女性感フェチ倶楽部に行くのだから。

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ